沿革

大正 8年 3月14日
愛知県立商業学校として創立、名古屋市立商業実修学校を仮校舎として開設 初代校長 川田長兵衛赴任
大正 9年10月 1日
2代校長 岩崎秀雄赴任
大正10年 4月20日
名古屋市南区瑞穂町(現在の瑞穂区北原町)に移転
大正11年 4月30日
愛知県立商業学校を愛知県商業学校と改称
昭和 5年 8月31日
3代校長 今村直人赴任
昭和10年 1月 1日
4代校長 川畑真吉赴任
昭和11年 4月 6日
甲子園における第13回全国選抜野球大会に優勝
昭和23年 4月 1日
学制改革により愛知県立愛知商業高等学校と校名変更
昭和23年10月 1日
愛知県立愛知商業高等学校、愛知県立貿易商業高等学校、愛知県立名南高等学校、 愛知県立熱田高等学校の4校が、愛知県立瑞陵高等学校として合併設立
昭和26年 3月 1日
愛知県立愛知商業高等学校として復活、愛知県立惟信高等学校を仮校舎として開校
5代校長 馬場勝赴任
昭和27年 4月 3日
旧明倫中学校校舎(名古屋市東区徳川一丁目12-1現所在地)に移転
昭和29年 4月 1日
6代校長 片山三郎赴任
昭和32年 4月 1日
定時制課程(夜間)の開設。
昭和36年 3月31日
7代校長 浅岡美徳赴任
昭和39年 4月 1日
8代校長 田中徳保赴任
昭和42年 4月 1日
9代校長 大塚毅赴任
昭和47年 4月 1日
商業科(7学級)、情報処理科(2学級)の学科設置
10代校長 松久正十赴任
昭和52年 4月 1日
商業科を廃止し、経理科(3学級)、事務科(2学級)、営業科(2学級)を新設し、 既設の情報処理科(2学級)を合せて4学科に改編
昭和57年 4月 1日
11代校長 藤原三郎赴任
昭和61年 4月 1日
12代校長 小島俊夫赴任
昭和62年 3月31日
定時制課程廃止
昭和63年 4月 1日
営業科(2学級)を国際経済科に改編
平成 2年 4月 1日
13代校長 大倉芳雄赴任
平成 4年 4月 1日
経理科(2学級)、事務科(1学級)、情報処理科(3学級)、国際経済科 (2学級)に改編
平成 7年 4月 1日
14代校長 三輪田英明赴任
平成 7年 4月 1日
情報処理科が2学級に改編
平成 7年12月27日
体育館兼講堂全面改修。
平成 8年 4月 1日
15代校長 杉瀬昌幸赴任
平成10年 9月 1日
校舎全面改築のため名古屋市瑞穂区高田町(元愛知県立大学校舎)に仮移転
平成11年12月 9日
新校舎完成
平成12年 1月 1日
新校舎へ移転
平成12年 4月 1日
16代校長 小見山隆行赴任
平成12年 6月 3日
創立80周年記念式を挙行
平成15年 4月 1日
文部科学省より、学力向上フロンティアハイスクールに指定
平成16年 4月 1日
国際経済科を国際ビジネス科に改編
平成17年 4月 1日
17代校長 鈴木愼吾赴任
平成19年 4月 1日
18代校長 国分孝信赴任
平成21年 4月 1日
19代校長 野田隆洋赴任
平成25年 4月 1日
20代校長 村田孝夫赴任
平成25年12月10日
ユネスコスクール加盟校に承認
平成27年 4月 1日
21代校長 伊藤泰臣赴任
平成29年 4月 1日
22代校長 福島敏雄赴任

ページのトップへ戻る