校長挨拶



校訓 「 われらの信条 」

石黒臥龍 書 ( 昭和4年3月本校卒業・旧職員 )

校長挨拶

校長  福 島 敏 雄

 愛知県立愛知商業高等学校のホームページをご覧いただきまして、ありがとうございます。

 本校は、大正8年(1919年)3月に愛知県立商業学校として創立され、平成31年には、
創立100年を迎えます。
 開校以来、「質実剛健」「文武両道」を校風に掲げ、この間、3万人を超える卒業生が地域産業界
において有為な人材として活躍しています。
 本校は、平成28年8月に、マレーシアのSEKOLAH SERI PUTERI校と姉妹校提携
を行いました。商業の学びを生かした高度な商業スキルの実践や部活動を通して身に付けられる協調性
やコミュネーション能力の開発だけではなく、国際交流を通して異文化理解教育を進め、多文化共生
社会で求められるグローバルな人材の育成に務めてまいります。
 また、平成25年12月にユネスコスクールに加盟し、ESD(持続可能な開発のための教育)活動を
進め、環境問題や社会問題等への積極的な取り組みを行っています。今回、本校の部活動「ユネスコ
クラブ」の活動が高い評価を受け、今年度から高校で使われる家庭科の教科書と現代社会の資料集に
取り上げられることになりました。
 これからは、人工知能・ロボットの分野が私たちの想像を超えるスピードで進化を遂げる時代と
なりました。そのような中にあって、生徒一人一人が、主体的かつ創造的に各自の課題に取り組み
ながら高校生活を有意義なものとすることで、将来、社会の多分野で自分の役割を果たすことができる
社会人の育成を目指します。
 本校ホームページで、生き生きと活動する生徒の様子を感じ取っていただければ幸いです。

校訓の由来

 第七代 浅岡美徳 校長は、従来、成文化された校訓のないのを遺憾に思われ、生徒訓育のよりどころとして、 従来の伝統に鑑み、かつ時代の流れを察し、次の校訓を「われらの信条」として、 昭和36年4月24日に制定されました。

   『われらの信条』
     理想を高く 真理を追ひて
     明るく楽しく 力を協(あわ)せ
     自ら進んで 責務を果たし
     友情篤く 校風樹(た)てん
 昭和36年3月から、39年4月までは、私の公立学校最後の年月であった。商業教育に経験のうすい私は、 愛商にふさわしい校風の樹立を念願し、和と学の二つの根幹を立てた。「以和為貴」は私の崇拝する 聖徳太子の訓えである。これをわが愛商の校訓のよりどころとして具現せんとした。
 (中略) 次いでそれまでになかった校訓を作った。「理想を高く真理を追いて、明るく楽しく力を協わせ、 自ら進んで責務を果たし、友情篤く校風樹てん。」
 これは若人の意気と友情と学窓との、明るく楽しい学園の建設を希求したものである。
( 第七代校長 浅岡美徳 氏 『愛商五十年誌』より抜粋 )
 

石黒臥龍先生について

 本名 石黒美代三郎
  昭和 4年 3月  愛知県愛知商業学校 卒業
  昭和30年 3月  愛知県立愛知商業高等学校 教諭
  昭和32年11月  日展初入選 (以降18回入選)
  昭和41年 1月  東海創玄書道会 創立 (初代代表となる)
  昭和49年 3月  愛知県立愛知商業高等学校 退職
  昭和63年 4月  永眠


ページのトップへ戻る